2008年08月13日

xfy Blog Editor

 えらくテンションのおかしな記事を上げたのを最後に随分間が空いてしまいました。

 実際書いてる途中でそんなに大騒ぎするほどのことじゃないなと思ってたのにそのまま上げたあたりやっぱりちょっと冷静でなかったかも。おはずかしい。そのうち手直ししようと思いながら放置してしまってたのでとりあえず非表示にしました。


 今回はまたブログ投稿ソフトを使ってみました。

 ジャストシステムのxfy Blog Editorです。個人非商用利用に限り無償で使用可。

 配布ページはこちら

 ソフトウェアの整理してたらリリースされてすぐインストールだけしてほったらかしなのを発見したので使ってみました。

 まずソフトのサイズは以下の通り。こういうのの相場ってどのくらいかわからないけど随分大きいなーというのが個人的な感想です。

   ダウンロードサイズ   : 約 57 MB

   インストール後のサイズ : 約 119 MB

 インストールについては前のこと過ぎて忘れちゃいましたが、たぶん普通に解凍して展開しただけだと思います。

 とりあえず起動。

 まずは使用中のサービスを登録。【ファイル→ブログサービスの追加】と選ぶか、ツールバーの証明写真見たいなマークを選ぶと登録画面が出てきます。このソフトはSeesaaがはじめから選択肢にあるのでメールアドレスとパスワードだけで登録できました。

 次に今登録したサービスを選択してエントリーの取得とか。これは【ブログ→エントリーの取得】かツールバーの下矢印マークから。

 下準備はこのくらいにして、記事を書いてみます。これは【エントリー→新規作成】かツールバーのプラスマーク。

 一回目は(「今後表示しない」にチェックを入れなければ毎回)編集画面のデザイン設定を行うか聞かれます。私は「はい」を選択。

 するとこんな画面が。

xfy Blog Editor_1

 ここで上部の「取り込み」マークから「ブログページからデザイン作成」を選択すると実際に使っているデザインを取り込むことができます。うちだとこんなかんじ。

xfy Blog Editor_2

 あとは好きに編集とかしてOKを押して終了。

 編集画面デザインで自ブログのデザインを取り込んだ場合は、実際に投稿された時と代替同じように表示されます。

 ソースのタブをクリックすると記事のソースを見ることができます。文節ごとに自動的に<P>タグが挿入されてます。行間がいつもと違うのはそのためです。このブログでは普段使ってないので。

 右のツールバーからカテゴリーや投稿日時の指定などができます。今画像を挿入してみたところ、画像の周りの余白とかまで指定できるみたいです。その他文字を太字や斜体にしたり、リストを作ったり等の機能もあります。

 あとは右ツールバーの「保存/サーバーへ反映」を押せば完了。

 とりあえずインストールから記事投稿まではこんな感じです。起動はちょっとゆっくりですが、こうして文字を入力してる時点では結構快適に動いてます。個人的にはリンクを張るときターゲットを選択できるのがいいと思いました。Seesaaの編集画面だとblankってとこをいちいち自分で削るのが面倒なので。

 ただ前にWindows Live Writerで投稿した時も思ったんですけど、こういうソフトを使うとSeesaaの管理画面から記事を編集したい時に、編集用のテキストボックス内にタグが混入してて結構見にくいですね。

posted by 四葉屋 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他色々(Blog関係) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104701318

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。