2008年05月12日

戦国BASARA2

 三国無双もまだクリアしてないのに買ってしまいました。戦国無双とどっちにしようか迷ったけど、ちょうど安くなってるのを見かけたのでこっちにしました。Wii版なので外伝とセットです。

 ちなみに私のBASARAについての前知識はこんな↓感じ。
   ・無双と似てる(もしくはパクリ?)
   ・史実無視でキャラが濃い。
   ・無双より簡単(代わりに飽きやすい)


 とりあえず主役二名(真田幸村・伊達政宗)クリアしました。
 全体的な感想としては、おおむね前知識どおりという感じ。無双(三国)に比べて異様にハイテンションですね。歴史苦手なんですが色々無視してることだけはわかりました。人間ですらないのもいるし。あと色々パロディ入ってるみたいですね。盗んだ軍馬とかクリリンとか。
 ハードが違うせいかもしれませんが敵がたくさん出てきてもサクサク動けるのがいい感じです。作戦とか気にせず進めるのとコンボつなぎやすい(気がする)のもあって、気楽にプレイできました。
 ただ予想以上にキャラがアレなおかげで、ある意味プレイしにくいです。バカゲー嫌いじゃないし一人でやってる分には全然構わないんですが、真田のED→伊達OPと家族に見られてなんかもうはずかしかった!(Wiiが家族共用のためリビングでプレイせざるを得ない)
 でも爽快感が気に入ったので家族のいない時にでもまたやろうと思います。


 以下個別ストーリーの感想。ネタばれしてるので続きに入れておきます。



伊達政宗編
 家族に見られて何がはずかしいってこの人がルー大柴のごとく英語まじりでしゃべるところかもしれません。(※ルー大柴が嫌いとかそういう訳ではありません。念のため)
 右腕・片倉小十郎や部下たちは「俺たちがついてるぜ!」的なことを言ってる割に誰もいないことが多かったです(特に川中島)。
 一騎打ち邪魔されて怒った割りに自分は他人の戦に横槍を入れるのは矛盾してると思いました。馬の乗り方がすごい人。


真田幸村編
 OP見た時点では多少暑苦しいけど結構まともかも?と思ってたんですが、挑発ポーズがスクワット(しかもあの掛け声)なのを見て、「ああ、バカなんだな」と気づきました。
 本多忠勝の印象が強すぎて他の部分あんまり覚えてなかったりします。後一歩ってところで初討死。結局見方に砲撃してもらいました。
 EDは意味不明。でも結構使いやすかったし好きです。





ラベル:ゲーム
posted by 四葉屋 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他色々(Other) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。