2008年06月06日

戦国BASARA2感想4

 なんとなく買ってみたBASARAですが、うっかりどっぷりハマってます。もう1日1バサラな勢いで。進み過ぎて一つ一つの話の記憶が薄かったりするのが難点です。
 ストーリーモードは半分くらい、大武闘会もなんとか1回クリアしました。挑戦状は16枚まで。ちなみに真田・猿飛組。天下統一もやってます。
 今のところプレイ前後で一番印象が違ったのはいつきですかね。公式サイトを見ていわゆる萌キャラなんだろうと思ってたんで苦手意識があったんですが、装備品はともかく本人はそんなに「いかにも」な感じがなくて安心しました。めっちゃいい子じゃないですか。なのでいつきステージはなんだか申し訳ない気持ちになります。親衛隊のムービーは好きなんですが。



今回は上杉謙信・織田信長・武田信玄編です。ネタばれしまくりです。

上杉謙信編
 かすが編のEDの印象が強いのでOPからアレな感じかと構えながらのスタートでしたが、存外まともでした。
 のっけから宿敵お館様との川中島戦。こっちから攻めるのは得意だけど防御は苦手です。お館様が出てきた頃には自軍防衛力ゲージ真っ赤。危ないところでした。かすがの知らせによってお館様との決着はおあずけに。途中伊達軍を蹴散らしつつ自国へ戻ったと思ったらまた防衛戦。家はなんとか1軒守れましたが家主が二人やられてしまいました。モブ武将も戦死するんですね。今度からは気をつけないと。
 4〜最終章の展開は熱かった! 正直あの程度の人数でいきなり諦めモードの謙信様に突っ込み入れたくなりましたが、特にお館様登場→共闘で俄然燃えました。お館様男前すぎ。最終章も武田軍は熱かった。幸村の登場ポーズは笑いましたが。最終決戦は味方武将がわらわらついてきちゃって思わず「邪魔!」と思ってしまいました。あそこはやっぱり一騎打ちでしょう。
 そしてED。OPとの落差が凄過ぎます。熱い展開の余韻も一気に吹き飛ぶ破壊力。慌てて音量下げました。さすがはBASARA。



織田信長編
 中途半端に進めてうっかり忘れてしまってたので記憶があいまいですが、魔王だけあって強かったです。中の人が同じなのでプリズンブレイクを思い出しつつプレイしてました。シーズン3早く見たいです。
 姉川蹂躙戦はお市が怖かったです。史実の浅井夫婦好きだしBASARAお市も見た目は好きなんですが、あのささやき声がなんとも。ほんと呪われそう。今回五本槍が自滅してるところを初めて目撃しました。いつもカメラの外であんなことしてたんですか。近くにいたら巻き込まれてしまいました。BASARAのツンデレ担当発見。最近どこにでも一人はいますね。
 第4章は武田軍登場。好きなキャラが出てくるのは嬉しいけど撤退でなく討死されてしまうとちょっと悲しい。固有アイテムGETしましたが攻撃より防御重視なので使う機会なさそう。
 最終章はタイトル通り豊臣戦になるので第5章で光秀離反。同じステージでも進行方向が逆だと結構違って見えるものだなーと思いました。明智軍は爆弾兵が多くて困ります。秀吉はいつ見ても見事にゴリラでした。



武田信玄編
 謙信編同様いきなり宿敵と対決。でもやっぱり決着はつきません。早速バサラ技使ってみたんですが、さすがお館様。メテオとか。もうこの人はなんでもありですね。
 小田原急襲は特別恩賞のために馬に乗ってみたんですが、韋駄天抄つけてると普通に走った方が速い気がします。恩賞とれた代わりに風魔小太郎が出てきませんでした。それはそれで残念。
 三方ヶ原は家康が逃げ回ってしとめにくかったので無視して忠勝壊したらちゃんと恩賞もらえました。他の武将も倒しにいけるしこっちの方が楽でいいかも。幸村が名誉挽回してお館様もご満悦。
 第4章だけは特別恩賞を逃すまいと頑張ってたんですが信長戦はちょっとてこずりました。濃姫も蘭丸も無視してやっと成功。
 最終章はやっぱり川中島。宿敵対決は良かったけど展開的には謙信編のほうがやっぱり燃えました。EDムービーはえらくおとなしいですね。てっきり「幸村!」「お館様!」があるとばかり思ってたので、ないとちょっと物足りなかったり(笑)
タグ:ゲーム
posted by 四葉屋 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他色々(Other) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99622348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。